〒034-0003
青森県十和田市元町東2丁目2-25
TEL 0176-23-9126
FAX 0176-23-9167
お問い合わせはこちら
当サイトの価格表示は
すべて税込みです



お問い合わせ
日記

南八甲田山の旧県道 №19 (晴山拷問事件)
2008年05月02日
桜も散り、新緑の季節がやってきた・・・。
このごろ、自民党と民主党の攻防が展開している・・・。
今も昔も変わりないような気がする・・・。
結果は、国民が振り回されている状態だ・・・。

で、前回に述べた「晴山事件」とは?
「晴山拷問事件」のほうが、どうやら正しいようだ。 ...続きを読む

南八甲田山の旧県道 №18(小笠原八十美)
2008年03月21日
昨年の11月下旬から12月暮れまで、小笠原八十美 氏を調べていた。
どいう人だったのか?
十和田市の郷土館に行き資料を沢山お借りした。
が、いろんなことが出てきたのであちらこちらと歩き回った・・・。
これが結構時間がかった・・・。
また、面白く病み付きになってしまった自分は・・・仕事に手がつかなくっ ...続きを読む

南八甲田山の旧県道 №17(救済土木工事)
2008年02月20日
世界恐慌から始まり、昭和6年、昭和9年と続いた凶作による農村の打撃。
これによる、小作人制度などで地主からの借金による、口減らし、出稼ぎ、娘身売り。
この状況を、痛感した青年将校による2.26事件と、世の中が戦争へと突入するキッカケとなって行く。
その中で、農村を救済しようと行なった事業が「救済土木 ...続きを読む

南八甲田山の旧県道 №16(娘身売り)
2008年01月16日
正月も終わり、一息ついたところで「娘身売り」の続き・・・。
今では、死語となっている「娘身売り」。
太平洋戦争後まで、平然と使われていた。
もし、かりに昭和初期のようなことが、今もあったとしたら・・・。
考えただけでも、ゾッとする。
特に、幼い娘さんがいるおやごさんにとって「娘身売り」はどう思うので ...続きを読む

南八甲田山の旧県道 №15(仕事納め)
2007年12月30日
2007年、今年もいろいろありました。
特に、南八甲田山の御鼻部山⇔猿倉温泉の旧県道。
たかじょの会のNさんが出版してくれた「南八甲田縦走路(猿倉温泉~御鼻部山-俗称旧県道-)」を読み、深く関心をよせ旧県道を歩くたびに当時の時代背景を思い浮かべて歩いていた。
そこで当時の時代背景を調べて見ると、面白 ...続きを読む

南八甲田山の旧県道 №14 (娘身売り)
2007年12月20日
映画の「あゝ野麦峠 」やドラマ「おしん」は、娘が「奉公」に出て、その出先の話しが物語となっている。
が、実際は「娘身売り」の話しである。
特に、「おしん」のドラマは、視聴率が高かった・・・。

では、どうして娘を売ることになったのか。
東京日日新聞青森版(1932年6月25日付け)にこう記されている ...続きを読む

南八甲田山の旧県道 №13 (時代背景・小作制度)
2007年12月20日
南八甲田山旧県道(御鼻部山⇔猿倉温泉)施工当時の時代背景を調べているうち、いろいろ分かってきたことがある。
その中に、東北の大凶作があったことを、日記にも書いた。
暇を見つけ、当時の新聞を見ると、上北郡内のある村が頻繁に記事に出てくる。
生前、親父がよくその集落を車で通るたびに「ここは、満州からの引 ...続きを読む

南八甲田山の旧県道 №12 (東北の大凶作)
2007年12月04日
南八甲田山旧県道(御鼻部山⇔猿倉温泉)の農村救済工事となった背景は、東北の大凶作があった。
前回の日記に「部分的に記載することに」と記載したが、資料が膨大だった・・・。
目玉と頭がおかしくなったし、昭和初期の「東北の大凶作」は創造を絶した・・・。
では、「東北の大凶作」とはなんだったのか・・・。
...続きを読む

南八甲田山の旧県道 №11
2007年11月28日
忙しい、毎日・・・。
日記の更新も忘れていた・・・。
やっと、日記に記載できるようになったし、その忙しい隙間を縫って、昭和初期の歴史を探っていた。
それは、11月4日(日)、御鼻部山から猿倉温泉まで約24kmの縦走を行なったときのことである。
旧県道のソデカ谷地と前谷地の間にあったコケが生えたヒュー ...続きを読む

南八甲田山の旧県道 №10
2007年09月29日
十和田市には稲の歴史があった。
それは、・・・・・。
十和田市藤坂に藤坂試験地(現・藤坂稲作研究部)がある。
58年前の昭和24年、ここ十和田市から青森県の奨励品種「藤坂5号」という奇跡の稲を誕生させた。
誕生させた人物は「田中稔」。
昭和の始め、相次ぐ冷害凶作で農村女性の身売りが相次いだ。
売られ ...続きを読む

南八甲田山の旧県道 №9
2007年09月14日
学校の夏休み期間中、ある大きい中学校へ仕事に行ったときのこと。
この日は、朝から雨がザーザーと降り続いていた。
学校には部活動に専念する生徒達が登校していた。
が、ビックリ!した。
というのも、雨がザーザーと降りしきる中を雨具も着ずにグランドで部活の練習をしていた。
練習と言ってもヤル気があるのかな ...続きを読む

南八甲田山の旧県道 №8
2007年09月05日
やっと、日記をつけるまで仕事が落ち着いた。
この夏期間中にいろいろあり、中でもお盆中、南八甲田山で遭難騒ぎがあった。
地元消防団の方から話しを聞くと、どうやら猿倉岳から駒ヶ峰に行き、そのこから下山しようと偽駒に行ってしまったらしい。
チョッと新聞とは違っていた。
それで、迷いあげくに、沢に降りてしま ...続きを読む

南八甲田山の旧県道 №7 (長文)
2007年08月11日
ここ3週間くそ忙しい。毎日、郡内の小中学校に出掛けて仕事をしている。
夏休みの学校は、補講やプール、部活に励む子供達がいる。
ある小学校に行った時である。
2人の高学年の生徒が先生に事情徴収され叱られていた。
チョッと、仕事のふりをして耳をたて内容を聞いていた。
なんか、この2人の生徒とある生徒とが ...続きを読む

南八甲田山の旧県道 №6
2007年07月29日
ここ一週間、毎日の暑さと忙しさでヒーヒー言っている。
とうとう、学生バイトが軽い怪我をしてしまった。
血を始めて見たようで、ブルブルと。
「唾付けたら治るよ」と、言っても、今の現代っ子は・・・。
ま、私も反省~してます。

さて、10数年前の話し。 ...続きを読む

南八甲田山の旧県道 №5
2007年07月20日
先週、自分の部屋を片付けていたら西部劇音楽集という古いテープが出てきた。
それをテープレコーダーにかけて聞いた。
懐かしいメロディーが流れた、とともに西部劇といえばハリウッドの大スター、ジョン・ウェンだ。
ジョン・ウェンは、背がデカク、,響き渡る声、癇癪を起こすとグラスやビンを放り投げ、殴るは、殴ら ...続きを読む

南八甲田山の旧県道 №4
2007年07月13日
今日の朝刊に南八甲田山旧県道において、無断伐採の記事が載っていた。
昨年に続き、今年も無断伐採・・・・。
個人的に、やってくれるんだったら最後まで猿倉温泉から御鼻部山までやってほしいし、登山道も整備してほしいなぁ~。
さらに、猿倉岳、駒ヶ峰の登山道も頼みたいものだし、南北八甲田山全部も頼みたいもんだ ...続きを読む

南八甲田山の旧県道 №3
2007年07月04日
南八甲田山旧県道について書いてきましたが、ここでチョッと道を外れ青森市山岳団体たかじょの会のNさんが書いた、もう一冊の調査本を紹介します。

それは、「八甲田の山岳スキー指道標」という、八甲田山系の木々に山岳スキーの目印としてあるスキー指導標の経緯などを調べた本です。
「お店にどうぞ」と頂いた貴重な ...続きを読む

南八甲田山の旧県道 №2
2007年06月25日
1991年に標高3000mのアルプスにあるイタリア・オーストリア国境のエッツィ谷で見つかった、約5300年前の男性のミイラ、アイスマン「エッツィ」が氷河の中から発見された。
約5300年前の男である。
一方、青森県には三内丸山遺跡という縄文時代前期から中期(約5,500年前~4,000年前)の大集落 ...続きを読む

南八甲田山の旧県道 №1
2007年06月21日
南八甲田山に旧県道(登山道)がある。
5月中旬、独りテレマークスキーで猿倉温泉から矢櫃橋経由で赤倉岳に向かった。
途中、矢櫃湿原でダウンバースと思える木々が散乱していた。
そこへ、ダウンバーストの調査をしていた南八甲田山を愛する会のSさんと出会った。
彼は、ダウンバーストのことをいろいろ教えてくれた ...続きを読む

Copyright(c)2005 ALPHA TRADING. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。