〒034-0003
青森県十和田市元町東2丁目2-25
TEL 0176-23-9126
FAX 0176-23-9167
お問い合わせはこちら
当サイトの価格表示は
すべて税込みです



お問い合わせ

スノーシューとは
いわゆる日本で使われていた「かんじき」の西洋の現代版で、靴先端が固定され歩くことにより踵(ヒール)部分が固定されず、浮き上がる(フリーになっている)ようになっているものです。
かんじきとは
昔から日本の山村で、冬季期間や春山で生活をするときに使うもので、材質は木や竹で作った「わっか」を足に取り付けて、足が雪の中に沈まないように使う道具のことです。これを履けば、深い雪の中でも自在に歩き回れます。 一般に「和かんじき」と言われています。
「スノーシュー」と「和かんじき」の違い
 両者の違いは、「和かんじき」は木や竹を丸めたものに紐やロープを通し、それに靴を完全に固定したもので軽く、手軽に作れることが出来ます。また、浮力の構成は木や竹を曲げたフレーム部分と靴を固定する紐やロープさらに靴底の面積で浮くようになっています。 「スノーシュー」は材質がアルミやチタンとかの軽金属で、靴固定部分にはナイロン系や塩化ビニール系のゴムを使用ています。浮力の構成は軽合金で出来たフレームにビニール系ゴムやプラスチック系のラバーや板をフレーム全体に覆い被せ浮力を補います。さらに違うのは「スノーシュー」を付けた足を持ち上げると踵(ヒール)部分が「スノーシュー」から離れ、「スノーシュー」の上(ラバー)にのった雪を落とします。また、一歩踏み込んだ時に靴先端に取り付けてあるスパイクが着地した時に雪面に食い込むように作られています。 いろいろ工夫されていますが、「和かんじき」と比べ重量があります。 このように、「和かんじき」と「スノーシュー」の違いがあります。 どちらにしても、雪の上をフワフワと歩けますが、使用場所によって選び方が違いますので当店にご相談ください。
選び方
スノーシューの種類が豊富で、使用目的によってことなります。登山(ツアー)なのか、トレッキングなのか、ハイキングなのか、ランニングなのか。それにあった物を選びましょう。 また、自分自身の体重にもよりスノーシューの大きさ(スノーシューの面積)が変わってきます。特にスノーシューを履いて歩いた時の浮力が違ってきますので、自分の体重とザックの重量を測った総重量を目安に購入してください。  私の場合、冬山縦走時は重量やトラバースを考え、アルミで出来た軽い「和かんじき」を使用します。自然観察やハイキングの場合はスノーシューを使い、行く場所によって使い分けています。
スノーシュー楽しさ、面白さ。
Yさん:新雪を楽に歩けるという楽しさがある。 Dさん:日常で履いて歩く靴や長靴とは別の世界の歩き方があり、面白い。 Pさん:怪獣のようにバフバフと雪を潰して歩けるのが面白い。 Iさん:この時期(冬)にしか体験できない、楽しさがある。
スノーシューの魅力。
Yさん: スノーシューで新雪を歩くとフカフカと雲の上を歩いているようで気持ちがいい。
Dさん: 私自身、スキーやスノーボードが出来なくても雪の中を歩ける素晴らしさがある。
Pさん: 雪があれば何処にでも歩けるという優れもの。特に冬の時期の墓参りには持って 来いという感じ。
Iさん: いままでこの時期は無趣味だったけど、一度体験して手にいれたら何処にでも行 ってみたいという気にさせてくれる道具です。
Copyright(c)2005 ALPHA TRADING. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。