〒034-0003
青森県十和田市元町東2丁目2-25
TEL 0176-23-9126
FAX 0176-23-9167
お問い合わせはこちら
当サイトの価格表示は
すべて税込みです



お問い合わせ

テレマークスキーとは
足のつま先部分を板に固定し、踵(ヒール)が上がります。俗に言うヒールフリーのスキーのことです。ヒールフリーはアルペンスキーとは違い、雪原を自由に駆けて滑ることにこだわったスキーです。 滑る姿勢は(スキージャンプ競技の着地の姿勢のように)足を前後に開いて内足を折り畳む独特の姿勢で滑ります。
テレマークの歴史
テレマークスキーは、19世紀にノルウェーのテレマーク地方モルゲタールで生まれた近代スキーの最初の姿です。モルゲタール派の中心人物ソンドレ・ノルハイムによってサイドカーブのあるスキー板やターン技術が生まれました。 その後、長い間歴史の片隅に追いやられていましたが、 1970年代のコロラドで甦り、モダンテレマークスキーとなりました。日本でも'80年代中頃からテレマーカーの姿が徐々に増えてきています。
テレマークポジション(アルペンスキーとの違い)
テレマークスキーポジションはアルペンスキーポジションとは逆にターンの外足が前、内足が後ろになります。また、アルペンスキーでは主に谷足に外足加重をかけますが、テレマークスキーでは両足均等加重が基本となります。これは、テレマークスキーのように踵の固定されない道具でアルペンポジションで滑ると、前後方向に非常に不安定になるからです。 しかし、板を前後に開くことで滑降姿勢を安定させることができるのです。この動作はスキー板に踵を固定しないからこそできるとも言えます。これがテレマークポジションです。 アルペンスキーの外向・外傾・ポールアクションなど、その他多くの点で共通します。
テレマークスキーと山スキーの違い
違いはベィンデング(締具)の重量にあります。スキー板を担いで歩くこともあるツアーではベィンディング(締具)の軽さは大きな体力温存となります。また、つま先よりも前に回転軸がある山スキーに比べ、歩行時の感覚が楽で、丘あり、谷ありの場合、山スキーと違ってベィンディング(締具) の切り替えが不要です。一方、テレマークスキーは踵の上がる角度が小さい分、歩幅が狭くなり急な直登が苦しいこともあります。堅い斜面での滑りや斜登行などで山スキーにやや劣ることも否定できません。
どんなものをそろえたらいいのか?
1.ベィンディング
ベィンディングには種類があり、G3、ロッテフェラー、ブラックダイヤモンド、ボレー等それぞれ良い特徴をもったものがありますのでお店に来ていただいてご相談ください。
2.ブーツ
ガルモント、スカルパ、クリスピー等それぞれ大きさ、重さ等あり、特に足に関しては自分の足形が良く合うように店長と相談しながら、履いて合わせてみてください。どうしても合わない場合はサーモインナーという自分の足の形に合わて形を作る方法もあります。
3.スキー板
自分が滑る場所で選んでください。ゲレンデなのか。ゲレンデのカービングターンなのか。パウダー(新雪などの深雪)なのか。滑る場所によって違います。
講習会
当店では始めての方や初心者を対象にテレマークスキー講習会を行っています。 講師は日本テレマークスキー協会所属の中軽米先生です。 日程についてはご相談ください。 みなさんと一緒に八甲田山ツアーに出かけましょう。
テレマークスキーの面白さ、楽しさ
Kさん: 踵がフリーなのでテレマークターンが一番の魅力です。 もちろん歩く、滑る、登る境目がないので、自由を感じる道具だと思います。
Nさん: やっぱ機動力とターンの楽しさですね。
Wさん: クロスカントリー走破性とアルペンの豪快さがいい。
Aさん: 「歩いて」「登って」「滑れる」ことです。
テレマークスキーで行くフィールドの魅力
Kさん: ステップソールの板で黄瀬林道や蔦沼周辺を歩くのも楽しく、ファットスキーで高田大岳の 大斜面をロングターンで滑るのも気持ちがいいです。 東北の山は裾野が広いので、八甲田を散策するにはテレマークスキーで移動するのが 一番です。もちろん全国からテレマーカーが滑りに来るので、知り合いが増えるのも楽しいですねえ。
Nさん: 奥中山でアルペンスキーを始めた頃はコースと景色だけしか見ていませんでしたがテレマ ークになってからは山の地形や植生とか山全体を見ようとするようになりました。
Wさん: 特に、積雪期は夏場に行けない山など容易に行けるのでGOOD!
Aさん:

ブナ林の冬も良いものだ!八甲田のブナ林をみんなで滑ろうよ!

山スキーの面白さ、楽しさ。
Fさん: ワカンやスノーシューに比べ、登りでは浮力があり、機動性が高い。下りの速さと楽しさは桁違いです。
Zさん: テレマークスキーとは違い、豪快さがあります。特に登攀時における直登が楽ですし、急斜面滑走時におけるアイスバーンやアイスバーンウェービングの滑走がいいです。それに、膝に負担がかからない点もいいです。
Tさん: やっぱり、山は山スキーでしょう。
山スキーの魅力。
Fさん: ゲレンデに縛られない、オープン・フィールドの滑りは別世界です。
Zさん: 山に登れると言う一言で、特にアイスバーン時に八甲田にある爆裂火口のシュート滑走が 最高です。
Tさん: 山男の魅力はやっぱり、山スキーでしょう。ジルブレッタ、コフラックといい道具だ。
Copyright(c)2005 ALPHA TRADING. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。